夢がないという人は、自分の周りに「こうなりたい」と思える人物が居ない場合や「どうせ夢を描いても上手く行かない」と諦めている場合がある。それは、夢を叶えた時の達成感を知らない、たとえ達成出来なくても夢に近づくこともある、ということを知らないからである。ひょんなことから夢を持つことが出来るが、その理由は人それぞれあっていいのである。誰かと同じ理由なんて存在する方がおかしいのだ。

小さい夢でも、大きい夢でも恥じることはなく、その目標に向かって努力している姿が、周りには輝かしく映る。つまり、夢がないということは、人生を損してしまっているとも言えるのではないだろうか。自分の夢がなくても、誰かの夢を応援してあげることが夢でもいいのである。自分の中で限界を決めつけることや理想が持てないこと、目標がないといったことになると、「一体何のために生きているのか」とだんだん分からなくなってきてしまう。そうして、生きていることも嫌になり次第に辛くなってくるのである。

しかし、夢がないということで、無駄な経費や無駄な努力をしなくて済むということもある。現実味が欠けて、夢に逃げるということは良くないのだ。それに、夢がないと聞くと一見無気力に感じられるが、現実的な見方が出来る証とも捉えることが出来る。要は、考え方である。もしかしたら現実味がありすぎて、理想が描きにくくなっているのかもしれない。その場合は、夢がなくても現実的に頑張っていくというのも1つの道である。

Leave a reply

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> 

required